スポンサーリンク

【考察】「バード・ボックス」あれの正体は何なのか?

鳥かご「バード・ボックス」 おすすめ映画

時には映画の話でも。

昨年Netflixに登録してから、映画ライフが充実しています。

アマゾンプライムでもかなり満足度は高いのですが、Netflixはドキュメンタリー系やオリジナル映画が豊富なのが魅力。

日本では劇場公開もソフト化もされていない、質の高い映画が結構豊富に取り揃えられています。

通常の映画と違ってNetflixのオリジナル映画は前評判を聞くことなく観ることが多いので、当たり外れも多いですが、最近観た映画は結構あたりが多かったです(参考:【感想】「バスターのバラード」コーエン兄弟の短編ブラックユーモア)。

そんな中で、これは!っと思った映画が「バード・ボックス」という作品。

煽り文句は「目を開けたら、最後」。独特の設定が、始終じわじわと不安を掻き立ててくれる映画でした。

最後まで解き明かされない部分もあったので、その辺の考察もしてみたいと思います。

※ネタバレ含みます。

スポンサーリンク

「バード・ボックス」見ると死ぬ「あれ」の正体を考察する

「バード・ボックス」Netflixオリジナル映画

鳥が飛ぶ

「バード・ボックス」はNetflixのオリジナル映画です。

主演はサンドラブロック。以前観た「オーシャンズ8」でも超絶かっこいい主人公を演じていましたが、「バード・ボックス」でも同様良い演技してます(参考:女優さんたちが超絶格好良くて美しい!痛快映画「オーシャンズ8」)。

簡単なあらすじをば。

冒頭は、目隠しをした主人公(サンドラブロック)と同じく目隠しをした子供二人が小舟に乗ってどこかへ逃げようとしているところから始まります。

そこから過去のシーンへ。サンドラブロックは妊娠中。その頃、世界で謎の突発的自殺が流行りだします。

サンドラブロックが住む町でもそれが起こり町中でパニック状態に。そんな中彼女の妹も死んでしまう。妹は何かを観た瞬間に、ふらふらと自動車の前に飛び出して死んでしまいました。

世界中で蔓延する突発的自殺は、その何かを観ることが原因で起こっているよう。サンドラブロックは民家に逃げ込み、同じくそこに集まったメンバーと何とか生き延びようとします。

見たら死ぬなんだか正体のわからない「あれ」。見ることはできませんが、鳥は「あれ」の接近を感知するので、鳥かごを常に肌身離さずそばにおくことに。。。

「バード・ボックス」では何か正体はわかりませんが、「あれ」を見ると突発的に自殺をしてしまう。見なければ大丈夫なので、どこかに移動する時にも目隠しが欠かせない。

常に目隠しを欠かせないという不安定な状態が、映画全体の不気味さを盛り立てています。

スポンサーリンク

演技派俳優たちで魅せる映画

美しい女性たち

感想としては、派手な映画ではないです。地味とまでは言えないけれど、昨今のホラーにしてはおとなしめな展開。

冒頭の町のパニックシーン以外は、どちらかといえば室内のシーンや森でのシーンが多いので、どうしても絵面的には地味になりがち。

しかし、サンドラブロックを始め、俳優陣の演技力が高いので、それで魅せてくれる映画でもありました(逆にいえば、俳優陣が大根だったら最後まで見るのがしんどい設定)。

空気感は常にシリアスですし、コメディー要素も皆無ですが、それが良い(最近のホラーはコメディーに寄せすぎ)。

民家の外では、正体不明の「あれ」がうろついており、うっかり外にでて見てしまおうものなら、即死んでしまう。しかし、いつまでも閉じこもっているわけにはいかず、どうにか外、スーパーマーケットなどに食料も調達しに行かなければならない。

かなり極限状態かつ、民家のメンバーがテンパり気味な中での人と人とのやりとりが、結構見所でした(参考:【考察】なぜ「シャイニング」は怖いのか?)。

「あれ」の正体は何なのかの考察【宇宙人説】

宇宙

さて、「バード・ボックス」で見ると突発的な自殺にいたる「あれ」の正体。

結局、最後までその正体は何なのか、あかされません。

私は、「あれ」の正体は地球侵略を目論む宇宙人、あるいは宇宙人の兵器的な何かではないかと考察します。

映画を見た限りですが、どうも「あれ」は人類を絶滅させようとしているんじゃないかと思いました。もし正体が幽霊系ならば、あそこまで無差別に、世界中の人類に仇なすとは考え難い。

また、伝染病などの類だとしても、見るという行為で感染するのも設定的におかしい。

見ただけで、人を死に至らしめるっていうのは精神系な攻撃の類。そういう攻撃の技術を持った、宇宙人が地球を攻めてきたっていうのが私の考察です。どうやら「あれ」が複数、世界中にいたっぽいところを考えても宇宙人説がけっこうありなんじゃないかと。

何で「あれ」がそういう精神攻撃を仕掛けてきたかといえば、地球を綺麗な状態で手に入れたかったのではないでしょうか。爆撃などを使えば、自然などの生態系を傷つける。それよりは、地球侵略にとって邪魔な人間だけに自殺を促し、それ以外のものは綺麗にいただこうという算段では。

スポンサーリンク

「バード・ボックス」でも描かれていますが、もちろん人間の中にイレギュラーも存在します。目の見えない人、精神が病んでいて「あれ」を見ても効果が現れない人(別の効果はあらわれていたようですが)。

しかし、目が見えるというのは人類において圧倒的にマジョリティー。そういうマジョリティーを駆逐すれば、人類に敵なしと考え、「あれ」が精神攻撃を仕掛けてきたのではないかと私は考察しました。

(まぁ、最後まで何かわからないもやもやを楽しむのもホラー映画の粋かもしれませんが)

「バード・ボックス」と似たマンガ「邪眼は月輪に飛ぶ」

余談ですが、日本にも「バード・ボックス」と似た様な設定で書き上げられた傑作マンガがあります。

「うしおととら」や「からくりサーカス」など、数々の伝説的少年マンガを描いてきた藤田和日郎先生の「邪眼は月輪に飛ぶ」という作品。

こちらは「ミネルヴァ」という邪眼を持ったフクロウが日本にあらわれ、それに見られると、たとえテレビ越しなどであったとしても死に至るという設定。

「バード・ボックス」とは「見る」、「見られる」の違いはありますが、どちらも視線を題材にしており、それからいかに逃れるかに妙味があります。

「邪眼は月輪に飛ぶ」は1冊完結の作品ですが、ワクワクする展開と設定も練られており、さすが藤田和日郎先生とうならされるマンガ。おすすめです。

「バード・ボックス」を観た感想

怖いか?ときかれればそれほど怖くないホラー。しかし、終始不気味な緊張感に目が離せなくなる映画という感想を持ちました。

ゾンビ映画でよくある設定に、まだ被害の及んでいないユートピア的な場所を目指すというのがあります。「バード・ボックス」でもそんな感じの進行ですが、問題は主人公たちが目隠しをしているということ。

「あれ」はどこにいるかわからないし、最後まで正体が何なのかもわからない。映画の描写だと、結構どこにでもいる存在の様子。

目隠しをして、周りが見えない状態で、安全な場所まで逃げ延びるという設定は、安心できるパートが少なく、常に不気味な緊張感が。

映像もダークな感じで、この映画の設定にぴったり。森や川を逃げるシーンなど、どんよりとしているけれども美しく、いかにも都市部はすでにダメになってる感があって良かった。

ラストはハッピーエンドの類かな?ちょっとすっきりまとまりすぎていて味気ない感じもしましたが、まぁ良しでしょう(個人的にもう一捻り欲しかった)。

「バード・ボックス」は決して万人受けする映画ではない(Netflixって結構そういうのが多い)と思いますが、通常のホラーに飽きてきた人には、また目新しさがあって楽しめる映画。私の様に「あれ」の正体を考察して楽しむのもいいでしょう。

あとサンドラブロックの美しさをたっぷり楽しみたい人にもおすすめです。

【関連記事】:女優さんたちが超絶格好良くて美しい!痛快映画「オーシャンズ8」

タイトルとURLをコピーしました