読書録

読書録 読書録

本好きの私の読書録。

メインの寝る前読書におすすめな本とはちょっと違うけれども、面白かった本はたくさんあります。

今までに読んだ本、おすすめの本、面白かった本などについて思うことを記録として。

小説、実用書、エッセイ、絵本とジャンルを問わず紹介させていただきます。

スポンサーリンク
読書録

感想「バッドビート」疾走感のあるギャンブルとアクション小説

本好きの方なら、ジャケ買いならぬ装丁買いみたいなことって多々あると思います。 今日紹介するのも、そんな感じ。ジャケットのクライムアクシ
読書録

感想「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は映画と別物の面白さ

「いつか読んでみよう、読んでみよう」と思いつつ、手を出せない本って皆様にもあるかと思います。 私にも何冊かそういう本があるのですが、本
読書録

感想「生理ちゃん」意外?タイトルから想像つかない学びの漫画

本日紹介するのは「生理ちゃん」という漫画。タイトルだけ聞くと「ギョッ!」っとする人もいるのでは? 表紙をみると、どこかオバQ(とドロン
2019.05.30
スポンサーリンク
読書録

【感想】「沼地のある森を抜けて」ぬか床と生命に思いをはせる

最近読んだ本の話をば。 昨日読了したのが梨木香歩さんの「沼地のある森を抜けて」。 これが、まことに不思議な話。読了した今もはっき
読書録

【感想】「高瀬舟」幸せとは何か?

最近、いわゆる名作と言われている文学をちょいちょい読むようになりました。 kindleや青空文庫で、著作権の切れた名作を気軽に、無料に
読書録

【感想】「山月記」自尊心と羞恥心について

最近、ちょくちょく読み出しているのが古典的名作と言われる作品。 なんで最近読み出したかというと理由は二つ。 一つ目はKindle
読書録

【感想】「鼻下長紳士回顧録」下巻。ラストに思うこと

最近購入した安野モヨコ先生の「鼻下長紳士回顧録」下巻。 上巻の発行からかなり時間が経っていたので、もはや完結しないものかと思っていまし
2019.03.27
読書録

「恋文の技術」阿呆の名言とラストの胸キュン!

私の好きな作家さんに森見登美彦先生がいます。 「夜は短し歩けよ乙女」や「四畳半神話体系」などが有名で、その作品は数多くアニメ化や映画化
読書録

【感想】小説「圓朝」落語の神様となった男の人生

私の好きなものに落語があります。 もともとお笑いが好きなのですが、その中でも落語はただ面白いだけではない、味わいがある。 江戸や
読書録

【感想】「黄昏の岸 暁の天」天帝の存在に対する陽子の答え

うーむ、ついに読み終わったという気分。 現在2019年3月時点で発売されている新潮文庫の「十二国記」シリーズの最新刊「黄昏の岸 暁の天
スポンサーリンク