読書録

読書録 読書録

本好きの私の読書録。

メインの寝る前読書におすすめな本とはちょっと違うけれども、面白かった本はたくさんあります。

今までに読んだ本、おすすめの本、面白かった本などについて思うことを記録として。

小説、実用書、エッセイ、絵本とジャンルを問わず紹介させていただきます。

スポンサーリンク
読書録

【感想】「高瀬舟」幸せとは何か?

最近、いわゆる名作と言われている文学をちょいちょい読むようになりました。 kindleや青空文庫で、著作権の切れた名作を気軽に、無料に
読書録

【感想】「山月記」自尊心と羞恥心について

最近、ちょくちょく読み出しているのが古典的名作と言われる作品。 なんで最近読み出したかというと理由は二つ。 一つ目はKindle
読書録

【感想】「鼻下長紳士回顧録」下巻。ラストに思うこと

最近購入した安野モヨコ先生の「鼻下長紳士回顧録」下巻。 上巻の発行からかなり時間が経っていたので、もはや完結しないものかと思っていまし
2019.03.27
スポンサーリンク
読書録

「恋文の技術」阿呆の名言とラストの胸キュン!

私の好きな作家さんに森見登美彦先生がいます。 「夜は短し歩けよ乙女」や「四畳半神話体系」などが有名で、その作品は数多くアニメ化や映画化
読書録

【感想】小説「圓朝」落語の神様となった男の人生

私の好きなものに落語があります。 もともとお笑いが好きなのですが、その中でも落語はただ面白いだけではない、味わいがある。 江戸や
読書録

【感想】「黄昏の岸 暁の天」天帝の存在に対する陽子の答え

うーむ、ついに読み終わったという気分。 現在2019年3月時点で発売されている新潮文庫の「十二国記」シリーズの最新刊「黄昏の岸 暁の天
読書録

【感想】「ナナメの夕暮れ」生き辛さをいかに克服するか

以前読んだ、オードリー若林さんのエッセイ「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込」。 世の中を斜に構える若林さんがM1をきっかけに売
2019.03.22
読書録

【感想】「華胥の幽夢」責難は成事にあらずに思う事

「十二国記」シリーズ、連投となりますが、今回は8作目「華胥の幽夢」の紹介です。 十二国記って読めば読むほど、その魅力が深まっていきます
2019.03.22
読書録

【感想】「図南の翼」珠晶の成長を描くロードムービー

私が最近、どっぷりはまっている「十二国記」シリーズ。 中国風でもありながら、小野不由美さんオリジナルの詳細な設定と世界観で構成された、
2019.03.22
読書録

【感想】「丕緒の鳥」国を思い、働く人々の物語

小野不由美さんの「十二国記」シリーズ。私は新潮文庫版で読み始めています。 前回読んだのが「風の万里 黎明の空」。そして今回は「丕緒の鳥
2019.03.22
スポンサーリンク