スポンサーリンク

【便利】映画の記録アプリ「Filmarks」で感動を残す!

おすすめ映画

時には映画の話でも。

読書と同じくらい、映画を観るのが好きです。

好きなジャンルはどちらかといえばわかりやすいような作品が好き。アクションやSF、ファンタジーにホラーなんかを好んで観ています。

今年は、今の時点で61作品観ました(ここ数年、年100本は観ていたのでちょっとペースが落ちたかな?)。

どうして本数が具体的にわかるかというと、記録をつけているからです。

10年以上前の大学生時代も映画をよく見ていて、その頃は手書きで記録していたのですが、面倒くさくてやめてしまいました。

今年に入ってから、また映画の記録付けを再開。とても使いやすいアプリを見つけたからです。

今日は、映画好きにおすすめしたい「Filmarks」という映画の記録に便利なアプリをご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画を記録するアプリ「Fimlmarks」で感動を忘れない!

映画が好きです

観客席

私は、一般的な人よりも映画を観ている方だと思います。

映画の大ファンという感じでもないですが(ゴダールとかジム・ジャームッシュの作品は未だによくわかりません)それでも映画の世界に浸るのが好き。

夢がありますよね。自分が経験できない世界、人生、空想の世界没入することができる。その時間はかけがえのないもの。

時には面白くない作品に当たることもありますが、最高に自分にハマった作品に出会えた時の喜びや感動はたまらないものです(本にも言えることですが)。

その喜び、感動をまた体感したくて、映画を観続けるんだと思います。

いままでどんな映画を観たか覚えていますか?

問題

皆さんも、心に残る映画ってたくさんあると思います。映画館でなくとも、昔テレビのロードショーで観た「バックトゥーザフューチャー」や「スターウォーズ」、「ゴーストバスターズ」などの名作は鮮やかに思い出せるかと。

その一方で、観たことは覚えているんだけれども、どんなだったかいまいち思い出せないというような作品も。

面白かった思い出はあるのに、いまいちあらすじは思い出せないし、どんなところに感動したのかもわからない。そもそも観たのか観ていないのかさえ覚えていないっていう作品も(観始めてからあとで気づくパターン)。

時々ありませんか?「あれあれ、あの映画、なんつったっけなー。面白かったんだよ、あれ」っていう「あれあれ映画」。

少しでも記録付けとけば、自分が面白かった作品を他の人に紹介できたかもしれないのに、思い出すきっかけすらもなかなか掴めないことも。

特に映画を観る本数が多いと、結構忘れっぽくなりがちに。そんな忘れっぽい人におすすめなのが、映画を記録するアプリ「Fimlmarks」です。

映画を記録するアプリ「Fimlmarks」がおすすめ

私も忘れっぽい性質。「簡単に観た映画の記録をつけれるものがあればなぁ」と思っていたところで見つけたのが「Fimlmarks」というアプリ。

映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks(フィルマークス)
日本最大級!映画レビュー数7284万件以上のFilmarks(フィルマークス)。映画・ドラマの評価やレビューを投稿&チェックできる!鑑賞記録・メモ、備忘録、SNSとして使えるサービスです。

映画の記録をつけたり、今どんな映画にみんなが注目しているのかがわかるアプリです。

Filmarksのトレンド画面

自分のページを持つことができ、そこに観た映画を記録していくことができます。また、別の「Fimlmarks」ユーザーをフォローすれば、その人の観た映画の感想なんかも流れてきて、新たに作品を観る時の参考にもなって便利。

アプリの下部に「Timeline」、「Trend」、「Search」、「News」、「Mypage」とあって、ここから話題の映画を探したり、観ようとしている映画の評判や観た映画を検索したりとできます。

Filmarksの操作画面

【使い方】「Filmarks」での記録のつけ方

私の「Filmarks」の主な使い方は観た映画の記録をつけること。

「Search」から観た映画を検索すると、その作品が出てきます。作品をタップすると記録画面へ。

5点満点中何点かを小数点単位で評価することができ、感想なども書き込むことができます(点数だけでも可)。

Filmarks評価をつける

例えば「ゴッド・ファーザー1」では私は4.1をつけています(私の中ではかなりの高評価)。

自分の観た作品がどれぐらい面白かったかの記録にもなりますし、どういうところが面白かったかも書き込めるので、あとで見返す時に便利。

映画好きの人によくある事かもしれませんが、友達に「おすすめの映画ってある?」と聞かれることないですか?私も時々ありますが、ぱっとおすすめしたい作品名が出てこない事も!それと、その友達の好みに合いそうな映画が思い浮かんでも、自分がその映画にどのような感動を抱いたかまで覚えていない事だってあります。

スポンサーリンク

「Filmarks」で映画の記録を残せば、自分がその作品にどれぐらいの面白さを抱いていたかなど、その時の評価やコメントを残せるので、誰かに映画をおすすめする時なんかでも役立ちます(作品のジャケット写真なんかもサムネで見せる事ができますし)。スマホのアプリなので、常に手元にあるもるものだし、観終わってすぐにでも記録をつけられるところも便利でおすすめ。

また、他の人がこの映画にどんな感想や評価しているかというのもなかなか興味深くて面白いですよ。自分があんまりだなと思った作品でも、別の人の感想から「こういう見所があったのか」という発見もあります。

自分の趣味に近いユーザーから、新しい作品探しの参考にする

この映画記録アプリを使っているユーザーの中には、毎日一作品は観るような映画好きの人もいます。

その人のページを見れば、今までどんな作品を観て、どんな評価をしているのかもわかります。

Filmarksのページ

多くのユーザーさんの中には自分の趣味に近い人もちらほら。「自分が面白いと思った多くの作品に、この人も高評価つけてる!」って感じ。そういうユーザーさんが高評価しているしている作品って、わりと高確率で自分にもハマる作品なことが多いです。

私も自分の映画の好みに近い人を何人か登録(ツイッターのフォローみたいな感じ)していますが、その人たちがおすすめする作品でツボにはまったものがたくさんありました。おそらく自分だけのサーチ力では見つけられなかったであろう名画に出会えた事も。

>>「ROMA」感想。人生の悲喜こもごもと美しさ

このアプリで趣味嗜好が近しい人を見つけて、登録しておけば、その人の映画の記録を見る事ができます。そういう人たちの評価をもとに、新たな作品開拓の参考にするのもおすすめです。

映画の記録をつけると、その時の感動を忘れない!

「Filmarks」で記録をつけていくと、自分のページにその映画のジャケットやポスターがサムネイルとなって溜まっていきます。

時々それらの記録を見返すだけでも、その時にみた映画の感動を忘れる事なく思い返すことができます。年末なんかに一年の記録を見返すと「今年も面白い作品に出会えたなあ」と感慨深いものも。

特に映画館で観た作品なんかは、その時の感動がより思い出しやすいですね。何も記録をつけていないと、見た事さえ忘れてしまうこともありますし、改めて思い返すことも少ないでしょう。せっかく感動したのに、その感情が風化していくのは勿体無い!「Filmarks」で記録さえつければ何年たっても映画を観た時の感動が思い出せるかもしれませんよ。

アプリの操作も簡単でシンプル。使い方もすぐ覚えられますし、面倒くさがり屋の人も気楽に映画の記録付けができると思います。

もしかしたら、自分のメモ帳か何かに記録している人もいるかもしれませんが、「Filmarks」だといろんな映画好きの人が集まっているのでより楽しいと思いますよ。

ちょっとした映画ライフの充実に。映画記録アプリ「Filmarks」おすすめです。

【関連記事】:「ゴッド・ファーザー三部作」ラストでマイケルの絶叫に込められたもの

タイトルとURLをコピーしました