スポンサーリンク

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」ティム・バートンのダークな絵本

ハロウィンにオススメの本 よく寝る本

本日も快眠を目指すため、寝る前読書にぴったりな本をおすすめします。

ハロウィンの季節がやってまいりました。

いつのまにやら定着といった感じ。地方に住む私は、あまりハロウィン気分となったことはありませんが、それでも近所のスーパーなどに行くとレジのおばちゃんが悪魔のツノのカチューシャなどで無理やり演出しているのを見ると、なんだかなぁって気分になります。

子供達が仮装しているのはやはり可愛らしいですね。今後もう少しいい形で定着していけばと思っています。

さて、ハロウィンにあった本を考えた時、真っ先に思い浮かんだのが「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 」でした。

「チャーリーのチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」の監督でも有名なティム・バートンの作品。

ハロウィンタウンの住人がクリスマスを取り仕切ろうとするダークファンタジー。

映画が有名ですが、「ナイトメアー」は絵本にもなっています。

しかし、「ナイトメアー」はかなり有名なので、今回ハロウィンにおすすめの本として紹介したいのが、これまたティム・バートン監督の絵本「オイスター・ボーイの憂鬱な死」です。

ハロウィンの夜に是非読んでほしい、ダークな雰囲気を持つ、ちょっと不気味な絵本です。

スポンサーリンク

ティム・バートンのダークな絵本「オイスター・ボーイの憂鬱な死」でハロウィン気分を盛り上げる!

ティム・バートンらしさが炸裂「オイスター・ボーイの憂鬱な死」

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」は様々な、アウトサイダーが登場する短編が集められた絵本。

ここにはティム・バートン作品の重要なキーワードが込められています。

ティム・バートンの作品に共通するものに、異形の者への愛があります。たとえばジョニーディップ主演の「シザー・ハンズ」などは手がハサミであるがゆえに愛する人に触れることもできない異形の人造人間が主人公。

バートンは一貫してそれらのアウトサイダーを描き続け映画の主人公クラスに持ってきます。決して一般的ではないけれど、強烈な魅力を放つキャラクターたち。

この「オイスター・ボーイの憂鬱な死」は絵本でありながら、特にその傾向が強い作品といえます。

キャラクターもさることながら、バートンの描くダークな絵柄と灰色のトーンはこういうゴスっぽさの好きな人にはたまらないでしょう。

オイスター・ボーイとは何か?

オイスター

タイトルにあるオイスター・ボーイとは本書に収録される短編の主人公の一人。

頭が牡蠣の形に生まれたがゆえに、両親に愛されず、ゆえに非業の死を遂げる運命に。なんとも気の毒な、憂鬱な死としか言えない結末。

そもそもなぜオイスター、牡蠣をキャラクターにしようと思ったのか。その辺の筋道も天才ティム・バートンの頭の中がどうなっているのかものすごく興味深い。

あえて、オイスター・ボーイのストーリー内で、牡蠣である必然性といえば「牡蠣は精力がつく」という一点のみ。

その一点のみで、これだけの話を膨らませたりしたのかなと思ったり。もしくは牡蠣って外側がグロテスクなフォルムだから、アウトサイダーが集まるこの絵本のキャラクターに登場させたのか。興味は尽きません。

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」でお気に入りの話「ジェームズ」

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」ではいくつもの傑作短編が詰まっていますが、私のもっとも惹きつけられたのは「ジェームズ」という話。

以前書いた記事、寝る前に数行の恐怖を。短編ホラー小説の決定版「一行怪談」でも書きましたが、私は短編が好き。

このジェームズという作品も文章はたった数行の作品(読むのに10秒もかからない)ですが、ティム・バートンらしいダークな結末が込められています。

簡単なあらすじは、サンタさんがジェームズにテディベアをプレゼントするという話なのですが。。。これがあんな結末になろうとは。

正直後味のいい類のものではなく、ブラックユーモアここに極めりといった感じですが、バートン好きの人には是非読んでみてください。

絵本というメディアにあった話

本イメージ

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」は絵本というメディアにぴったりあった内容だと思います。

これが小説であったり、映画であったり、漫画であったりしても何か変(以前アニメにはなっていましたが、絵本ほどの鋭さはありませんでした)。

絵本に広がるティムバートンのダークな水彩と、短い文章。短い文章だからこそ、表現が詩的であったり、読者の想像が広がります。

そして一話ごとに怪しくも悲しい、魅力的なキャラクターたちが現れては去っていく。悲しい結末、不条理な展開など様々ですが、ティム・バートンの美意識を理解する上では避けて通れない絵本だと思います。

「バットマンリターンズ」と「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」にみる異形さ

ティムバートンのバットマンはこれまでの陽気なアメコミの世界から、ゴスやダークな雰囲気を取り入れた傑作ですが、その中でも「バットマンリターンズ」にはアウトサイダーの傾向が強く表れています。

特にペンギンというキャラクター。手が奇形ゆえに下水に捨てられたという設定。

ティム・バートンのペンギンはアメコミのバットマンで描かれてきたペンギンとは似ても似つかぬ異形さ。強そうというよりはただただ不気味な感じに描かれていますが、その強烈な魅力はいままでの悪役キャラにはないものだと思います(もちろんジャックニコルソンのジョーカーも魅力的ですが)。

また、最近公開された「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」でも登場する子供達が可愛いんだけれども、様々な異能の持ち主であるがゆえに、世間から遠ざけられているという設定。

特に、顔をマスクで覆われた子供(双子?)などは「オイスターボーイの憂鬱な死」を読んでいると、つくづくバートンらしさがほとばしっていると感じるキャラクターでした(ペレグリン役のエヴァ・グリーンもキレッキレでかっこいいですが、どちらかといえば「ダーク・シャドウ」の魔女の役の方が好みです)。

一回この絵本を読んでいると、ティム・バートン映画の様々なキャラクターへの理解や愛着度が違ってくるような気がします。毒気は強いですが、それが映画の薬、滋養強壮にもなりうるエッセンスなのだと気づくでしょう。

ハロウィンに読んでほしい絵本

ハロウィン

みなさん、ハロウィンにパーティーなどするのでしょうか。

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」の持つ雰囲気はハロウィンの怪しい雰囲気にもピッタリ合うと思います。

この絵本をちょっと小物として会場に置いておいて、ぱらぱら読んでもらう。バートンの絵柄は、ハロウィンの空間作りに一役かうような怪しさを含んでいますよ。

もちろんパーティーなどしない人でも、ハロウィン独特の雰囲気を味わうためにもおすすめ。

短い話ばかりなので、寝る前のちょっとした時間ぱらぱら読むにも適しています。

これまでティム・バートンの映画をいろいろ観て、その作風が好きな方には「オイスター・ボーイの憂鬱な死」は絶対おすすめの絵本!どうぞチェックよろしくお願いいたします。

ハロウィンに関してはこちらの記事も合わせてどうぞ

>>【仮装の心理】なぜハロウィンに渋谷で若者は騒ぐのかの考察