スポンサーリンク

unicoのソファー「ALBERO」は昼寝や仮眠におすすめ!

昼寝や仮眠に最適なソファー 快眠テクニック

様々なライフスタイルがありますが、現代においてはフローリング、椅子、机の生活が増えてきています。

私は家(賃貸、一軒家)は畳敷きの和室、仕事場(一軒家)はフローリングといった生活です。

その仕事場では作業用の机が2つ、オフィスチェアーが2つ、打ち合わせ用の机が一つ、打ち合わせ用のソファーが一つといった構成。

このソファーが私のこだわりの品。長年あるテーマをもとに探し求め、見つけたソファーです。

インテリアにあった良いデザインとともにこだわったそのテーマとは「昼寝、仮眠のとりやすさ」。

その双方を満足させてくれたソファーがunico(ウニコ)のソファーALBERO(アルベロ)です。

スポンサーリンク

仮眠にぴったり!寝やすいALBERO

ソファー選びに迷った日々

悩む

私は地方でフリーランスのデザイナーをしています。仕事柄かもしれませんが、家具などのデザインにもある程度こだわりがあります。

よく中小企業の事務所などにおいてある黒や茶色の合皮張りのどでーんとしたソファーは好みではありませんし、カフェなどでよく見かける楽天などで安売りされている一見おしゃれっぽく見えるソファーも嫌でした。

仕事場は古民家で、様々なところに木の柱があります。観葉植物も多く置いており、全体的にナチュラルな雰囲気。それにあったソファーが理想でした。

もう一つ、こだわったのが仮眠がしやすいかどうか。一人で仕事をしているので、食後のちょっとした時間に昼寝をしたりと、仮眠を快適にとれるソファーでもあってほしい。

この2つを叶えるというものに出会うまで、なかなかの時間を要するのでした。

デザインと寝やすさを備えたunicoのソファーALBERO

ナチュラルな雰囲気で、値段も手が届き、自分の好みに合ったソファーというのはわりといくつか見つかりました。

しかし、こと昼寝や仮眠ということになると一気に選択肢がなくなります。肘掛けなどが邪魔して寝辛そうだったり、幅がせまかったりと寝ることを考えるとなかなか希望のものに出会えません。

また、私の身長が180cmということもあり、例えば三人掛けのソファーでも肘掛けがあると膝をまるめて眠らなければならないなどの問題もありました。

ネットで調べたり、IKEAや家具店で探したりと数ヶ月(その間お客さんには仮の椅子で打ち合わせしてもらっていました)。

そうした中でようやく見つけたのがインテリアショップunicoが販売するソファー「ALBERO」でした。

unicoのソファーALBEROのおすすめポイントと感想

unicoのソファーALBEROのデザイン性と座り心地

unicoのALBEROは昼寝に最適

(上記写真はunicoのサイトより転用。ALBERO販売ページ。)

unicoのソファーALBEROは一人掛け〜三人掛けまであります。私が購入したのは三人掛け。

肘掛けなどはないアームレスタイプのソファー。ウッドフレームに独立した下に敷くマット、背もたれ部分がのっている状態です。

unicoのソファーALBEROのウッドフレーム

(ALBEROのウッドフレーム)

unicoのソファーALBEROのマット

(マットをつけた状態。独立しており、簡単にとりはずせます。カバーの選択も可能)

unicoのソファーALBEROの背もたれ

(ALBEROの背もたれ部分。独立しており、簡単に取り外しも可能)

質感はやや粗めの糸がしっかりと組み合わさった感じのカバー。このカバーの選択肢も多く30色以上のパターンから選べるので、ご自身のインテリアにあったものが選べます。

unicoのソファーALBEROのカバー質感

このちょっと粗めの糸を織ったようなカバーが良い感じで、適度なナチュラル感と風合いを彩ってくれています。

マットも背もたれもしっかりしていて、座り心地は良好。3年以上使っていますが、全然へたっていません。

座る部分の奥行きも広く土台の奥行きで770mm、背もたれまでの奥行き(普通に座る場合の奥行き)で550mmほどあります。

この大きさも、仮眠の点、座り心地の点において安定感があり、ポイントが高いです。

unicoのソファーALBEROは結構でかくて存在感はありますが、圧迫感のようなものではなくあくまで調和するデザイン。インテリアの点からも大満足しています。

ALBEROの寝やすさ

そしてunicoのソファーALBEROのもう一つのポイント。昼寝や仮眠における寝やすさ。

これが最高!

ソファーの長さが1790mm。unicoのソファーALBEROはアームレスタイプなので端から端までフラット。なので、私は身長180cmですが、十分楽に足を伸ばして寝ることができます。

そして先ほども書きましたが、背もたれ部分が独立しているので取り外すことができます。なので背もたれを外せば、奥行き770mmもあるので、ちょっとしたミニベッドぐらいのスペースが。

仕事場に泊まり込みなどで夜にしっかり寝る時は背もたれをはずしますが、普段ちょっと仮眠する時は、背もたれをはずさに寝ています。しかし、それでも十分に寝やすい。

ソファーによっては下がふわふわ、スプリングなどで沈み込んでしまうタイプのものも時々みかけます。

その点、ALBEROは下のマット部分が適度な硬さをもったウレタン素材なので、変にしずみこむことなく快適に昼寝や仮眠を楽しめます。

一般的に午後のちょっとした仮眠は仕事や勉強のパフォーマンスを上げると言われています。そういう意味でもこのソファーを買ってよかったです。

リビングにおすすめしたい三人掛けソファー

リビングイメージ

unicoのソファーALBEROはリビングにこそおすすめしたいですね。

様々なインテリアに合わせられるデザイン。そして三人掛けタイプのものは広く座れる、仮眠しやすいという利点もあります。くつろぎの空間にこそ真価を発揮するような気がします。

特に、私のように身長が180cmぐらいの人にとってはなかなか横になって手足を伸ばせるソファーというのは見つかりません。

肘置き付きで、身長180cmの人が悠々寝られるものとなるととんでもない大きさになりそうですしね。その点アームレスタイプのALBEROは幅をいっぱいに使えるので最適です。

三人掛けソファーなら様々な家族タイプにも対応しやすいかと思います。三人並んで座っても心地よく座れると思いますよ。

ソファー選び、特に三人掛けソファーで迷っておられる方にはデザイン性が良く、昼寝や仮眠も快適にとれるunicoのソファーALBEROを是非選択肢にいれてみてください。おすすめです!

・unico公式通販ページ

・ALBERO販売ページ